もはや教材のオマケではない

| トラックバック(0)

IMG_0283
先日、ベネッセの子供チャレンジから娘のもとに届いた教材の技術は、タッチパッドに、赤外線通信、音声発生など、子供の教材の域を超えていました。

今回は、1年生に向けての青田刈り攻勢もあるのでしょうが、派手な教材が2つのセットできました。
1つは喋る時計で、もう1つはひらがなやカタカナの書き順を覚えられる端末です。

PR

IMG_0285IMG_0286
端末の方は、デジタルのパッドに表示された文字を、付属のペンでなぞるという本格派です。
なぞりの精度はなかなかのもので、途中点をワザと間違えてもちゃんと認識します。
操作は声のガイドがあるので、インターフェースは極めてシンプル。
良く出来てます。

IMG_0284
時計のほうは、喋るアラーム以外に目立った機能はありませんが、端末と赤外線通信させると、端末で入力した文字を読み上げる機能があります。
赤外線は20cmほどの距離なら届くようです。

また、教材とは別に、DVDが付いてくるのですが、今回は3DCGを使って気合が入りまくってます。
キャラクターが「しまじろう」から「こらしょ」(時計のキャラ)へ変わり、アニメのクオリティも高いです。

ウチの娘はというと…、DVDを繰り返し見ているあたり、まんまとベネッセの術中にハマったようです。(笑)

PR

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.oboeyo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/252

検索

2009年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.25