アラビア語などの特殊なフォントを使うiOSの言語設定でアプリを起動したら強制終了

I2 LocalizationというassetをimportしたUnity2019.4のプロジェクトで作られた自前のアプリをXcode12.4でビルドして、iOSの言語設定をアラビア語などに変更してからiPhoneで起動したところ強制終了しました。

強制終了の原因を調べるべく、XcodeとiPhoneをUSBケーブルで繋いでビルドしログを見ながらiPhone起動してみました。
すると、以下のようなエラーで強制終了していました。

I2 Localizationをプロジェクトから外すと強制終了しなくなるので、原因はI2 Localizationのimportであることは確かなのですが、回避方法が全く分かりませんでした。
いろいろググったところ、こちらのフォーラムにそれらしき解決策が載っていたので試したところ、無事に回避できました!
link.xmlというファイルを作って以下のように記述し、Unityプロジェクトのどこでも良いのでimportしてビルドします。(私はAssetフォルダ直下に置きました)

link.xmlについてはUnityのドキュメントにも載っていました
これでI2 Localizationを使用しつつ、iOSの言語設定をアラビア語やタイ語にしてもアプリは強制終了しなくなりました!