「爆走!ドライビングスクールシミュレーター」の遊び方

爆走!ドライビング スクール シミュレーター(ドラスク)の世界へようこそ!
このページでは基本的な操作方法を説明します。

アプリを起動すると、スタート画面が表示されます。
ここでは、キャラクターを選んで、「スタート」(緑のボタン)を押してゲームを開始します。
2回目以降は、「続きをスタート」と「リセットしてスタート」の2つのボタンになります。「リセットしてスタート」は、全ての保存データを消去して最初からやり直しになるので注意してください。

ゲームをスタートすると、自動車学校の校舎内に選んだキャラクターがいます。
キャラクターを操作してゲームを進めます。

次の画面の画像で、キャラクターの操作方法を説明します。

画面の左側(赤い矢印の領域)が移動操作エリアです。ここで上下左右にスワイプすると、キャラクターを前後左右に移動させることができます。
画面の右側(青い矢印の領域)が向き回転エリアです。ここで上下左右にスワイプすると、キャラクターの向きを上下左右に回転させることができます。
画面右上にポーズボタン(歯車のアイコン)があります。これは、ゲームをポーズしたり設定などをする時に使います。
その隣の数字はメダルの所持額です。メダルは、教習を受けたり、車を修理したりなどゲーム内の通貨として使います。

このゲームの目的は、教習車を借りて教習コースをクリアし、自動車免許を取得することです。
最初に、教習車を借ります。キャラクターを移動させて受付端末へ触れさせましょう。
画面右側の向き回転エリアでキャラクターをオレンジの受付端末へ向けて、画面左側の移動操作エリアでキャラクターを受付端末まで移動させてください。

キャラクターが受付端末に触れると、教習車を借りる画面になります。
最初に初心者用のエントリー車が表示されているので、緑色の「教習スタート」ボタンを押して教習を開始してください。
今回は10分1000メダルの時間でプレイしますが、30分の時間でプレイすることもできます。

教習が開始されると、画面上に教習時間の残り時間が表示されます。
また、ゲームでは教習以外にミッション(実績)を達成するという遊びもあります。今回は初めて受付画面を使ったので、そのミッションクリアの表示が画面左下に青く表示されています。
ミッションをクリアすると、メダルの報酬があります。
今回、教習で1000メダル使いましたが、ミッションの報酬で2000メダル受け取ったので、右上のメダル所持額は6000になります。

教習の残り時間が減っていくので、さっさと車に乗って教習をクリアしていきましょう。
画面右側の向き回転エリアでキャラクターの向きを変えて、車を見つけてください。画面左側の移動エリアでキャラクターを車の近くまで移動させたら、画面右に4つあるボタンの内、ピンク色のYボタンを押してください。
これで車に乗ることができます。
もちろん、車から降りる時も、このYボタンを押します。

車に乗ると、画面はこのように変わります。
最初の教習として「車に乗る」をクリアしたことが表示されます。このようにして、教習とミッションをクリアしていくと、報酬としてメダルを受け取ることができます。

次の画面の画像で、車の操作方法を説明します。

車の操作は、キャラクターの操作と似ています。
画面の左側(赤い矢印の領域)が移動操作エリアです。ここで左右にスワイプすると、車のハンドルを左右に回転させて車の進行方向を変えることができます。ハンドルを回すようにする必要はありません。左右にスワイプするだけでOKです。
画面の右側(青い矢印の領域)が向き回転エリアです。ここで上下左右にスワイプすると、カメラの向きを上下左右に回転させることができます。カメラの向きが変わるだけなので、車の進行方向は変わりません。
車を乗る時に使ったYボタンは、車から降りる時に使うことになります。
Bボタンは、車のアクセルです。車を加速して前進させます。また、車を後退させる時にはブレーキに役目が変わります。
Aボタンは、車のブレーキです。加速した車にブレーキをかけます。また車が停止している時に押すと、車を後退させることができます。
Xボタンは、車を少しジャンプさせることができます。これは、高いところにあるコースで、車が道路の端に引っかかって動けなくなった時などに、上手に使って脱出させることができます。もちろん、それ以外にも自由に使えます。
!ボタンは、サイドブレーキです。車を急停車させたり、タイヤをロックしてドリフトをするのに使います。
カメラのアイコンボタンは、カメラをボンネットの上から見た視野へ切り替えます。再度押すと、この視野に戻ります。

では、車を運転して最初にキャニオンコースをクリアしてみましょう。
オレンジ色のキャニオンコースの入り口が見えるので、車を運転してこの入り口の下を通過するように、フルスピードで入ってください。
オレンジ色の入り口が、教習所内にいくつか設置されています。オレンジ色の入り口の教習コースは、免許を取得するための必須コースなので、すべてクリアしていきましょう。
青色の入り口もあります。そのコースは必須コースではなく、任意で遊べる挑戦コースなので、無理に挑戦する必要はありません。ただし、メダルの所持額が少なくなったら、メダルを稼ぐために挑戦することをお勧めします。

コースの入り口を通り過ぎた後、すぐに教習コースがスタートされたことが画面中央に表示されます。
今回使っている教習車は初心者用なので、あまりスピードが出ません。
このコースは、スピードが足りないと途中で落ちてしまうので、恐れることなくフルスピードで道路の端まで加速しましょう。
ただし、着地側の道路に降りられるように、車の向きは道路に沿って真っ直ぐにしましょう。

道路の端まで来ると、車は飛び上がります。
そう、あなたは今飛んでいるのです!!
しっかり加速すると、時速100kmを出した時の教習がクリアされますね。
もし、加速が足りなくて地面へ落ちてしまった時は、どうすれば良いか後で教えるので大丈夫です。

上手に着地すると、キャニオンコースの黄色い出口が見えてきます。
この出口の下を通過すれば、キャニオンコースはクリアです。

出口を通過すると、キャニオンコースの教習をクリアしたことが画面中央に表示されます。また、画面左下には教習コースをクリアした時の報酬が表示されます。
必須コースはクリアすると、入り口が消えて再度挑戦することはできなくなります。ただし、必須コースをクリアした後に、入り口が青い挑戦コースへ変わることもあります。その場合は、メダルを稼ぐために、何度も挑戦することができます。
では、画面右上のポーズボタン(歯車のアイコン)を押して、クリアした教習を確認してみましょう。

ポーズボタンを押すと、教習リストが表示されています。
リストは上下にスワイプすることで、スクロールすることができます。
リストの左側のチェックボックスに、オレンジの四角が点灯していれば、その教習はクリアしたことになります。
その下には、プレーヤーがクリアした教習の数と、残りの教習の総数が表示されています。
ちなみに、今ここで表示されているのは教習所内の必須教習です。これを全てクリアすると、仮免許を取得して教習所の外へ出て路上教習をすることになります。その教習も全てクリアして、初めて自動車免許が取得できます。

この画面で、ミッションと書かれた青いタブまたは下の数が表示されたボタンを押すと、ミッションのクリア状況を確認できるリストが表示されます。このリストを見れば、どんなミッションがあるのか分かります。
オレンジのタブまたはボタンを押せば、教習リストに戻ります。

ポーズ画面には様々な機能のボタンがありますが、重要な2つのボタンだけ紹介します。
1つは、下から2番目の家のアイコンのホームボタンです。これを押すと、教習中は教習をスタートした校舎の近くへ戻ります。例えば、キャニオンコースで着地できずに地面へ落ちてしまった時、運転して入り口の方へ戻るのが面倒だったら、ホームボタンを押せば戻れます。もちろん、ゲームのバグで変な場所に行ってしまった時も、このボタンで戻ってくることができると言う訳です。
2つ目は、上から2番目の灰色の設定画面ボタンです。これを押すと設定画面が表示されます。

一番下のボタンは、Youtubeチャンネルへのリンクです。Youtubeチャンネルでは、アップデートごとの紹介動画が用意されているので、ぜひ見てくださいね。ゲームのヒントとか、隠された何かもお知らせされるかもしれません。

設定画面では、運転の操作モードなどが変更できます。それぞれ試してみてください。
また、再び設定ボタンを押すと、ポーズ画面へ戻ることができます。
もちろん、ポーズ画面へ戻らずに、画面右上のポーズボタンを押せばゲームに戻ることもできます。

次の画面で、教習所の仲間たちの話を聞く方法を紹介します。

キャラクターを操作して教習所の人々の近くへ寄ると、話せる場合は彼らが光ります。
その時にAボタンを押してください。

そうすると、彼らが何かについて話してくれます。
どうでも良い話の時もありますし、ゲームを進める上で何かのヒントになることもあります。
また、彼らは同じことだけを喋るとは限りません。

そろそろ基本操作も最後の仕上げです。

キャラクター操作の時でも、車を運転している時でも、画面左上のカメラボタンがアクティブな時は、スクリーンショットを撮ることができます。
あと、教習中の残り時間が表示された部分を押すと、教習を強制的に終了することができます。違う車に乗り換えたい時などに押してください。ただし、残り時間は消滅してしまうので、教習したい時は再びメダルを支払う必要があります。

おっと、大事なことを伝え忘れていました。
ゲームのデータは常に保存されています。なので、アプリを終了しても、次回はその場所から続きが始まります。
例えば、車が動かない!などのバグに遭遇したら、一度アプリを終了してアプリを起動し直せば動くと思います。

それでは、楽しいドラスク ライフを!

–>> الصفحة العربية

–>> bahasa Indonesia

–>> Bahasa Melayu

–>> 台灣(繁体)

–>> 中文(简体)

–>> English

–>> हिंदी

–>>ไทย