iPhone6でWindowsXPをUSBテザリングに繋いでみた

iPhone6 OK

WindowsXPのパソコンをUSB経由でiPhone6のテザリングに繋いでみました。

XP warnning
WindowsXPは既に終わったOSですが、iPhone6でテザリングできるのかどうか興味があったので試してみました。

iPhone6はiPhone5から復元したので、テザリングの設定は何もしなくてもそのまま引き継がれました。
テザリングが初めての場合は、iPhone6での初期設定が必要です)

PR

ITunes11
WindowsパソコンをUSB経由でiPhoneのテザリングに接続する場合、WindowsパソコンにiTunesがインストールされている必要があります。
最新版が入っている方が良いかなと思いインストールしたのですが、3回試してもインストール中にエラーが出て止まってしまいました。
でも、元々入っていた古いiTunes11.0のままで、問題なくテザリングすることができました。

PR

まずは、iPhone6側の準備です。
設定アプリを開き、「インターネット共有」ボタンでこの画面を開きます(前述の事前の設定が出来ていれば、設定アプリの最初の画面に「インターネット共有」ボタンが表示されるはずです)。

IMG 2291
「インターネット共有」スイッチをオンにします。
パスワードはWiFi経由でテザリングする際に使用するので、今回は特に設定不要です。

IMG 2292
アラートボックスが開くので、「USBのみ」をタップします。
これで「インターネット共有」のボタンが「オン」になるので、iPhone6側の準備は終わりです。

PR

iPhone6をWindowsXPのパソコンにUSBケーブルで接続します。

IMG 2293
すると、そのパソコンに始めてiPhone6を接続した場合は、iPhone6の画面に「このコンピュータを信頼しますか?」というアラートが出る場合があります。
ここで「信頼」を選ばないと、iPhone6がパソコンにアクセスできないので、迷わず「信頼」します。
ちなみに、「iPhoneをパソコンに繋いだのに、パソコンのエクスプローラーにiPhoneと書かれたデジカメアイコンが表示されない」と言うよくある不具合は、これを「信頼」にしていない場合があります。

IPhone6connect USB
iPhone6をWindowsXPパソコンに接続したのが初めての場合、初回だけドライバのインストールが始まります。
WindowsXPのトレーには、ドライバーインストールのポップアップが表示されます。

IMG 2294
ドライバーのインストールが終わると、テザリング中を表す「インターネット共有:1台接続中」という表示がiPhone6の画面上に現れます。これで、テザリングができるようになています(2回目以降は、ドライバーのインストールがありません)。

Yahoo
インターネットもバッチリ使えます。
ただ、WindowsXPはMicrosoftのサポートが終了になっているので、新しいWindowsを使うのが推奨されますね。

★★★iPhone6で試したテザリング方法まとめはこちら★★★